FC2ブログ

記事一覧

仮想通貨 海外の動向 <エストニア>

本サイトは本音サイトであるために、将来性がある仮想通貨熱にも注意勧告をします。さて、2018年3月31日、朝日テレビで池上さんの番組が報道されており、エストニアの報道がされていたため本サイトでご紹介いたします。皆様もご存じ旧ソ連の構成国の金融センターであるエストニアについての状況をご紹介します。エストニアはバルト3国で小国ですが、EU加盟国でありIT技術は非常に発達しており、IT技術の社会インフラ...

続きを読む

仮想通貨の本当の価値って知っていますか?②

さて、仮想通貨の本当の価値を知れば、皆様の投資ライフで損はしませんよね?仮想通貨の本当の価値って知っていますか?①http://cryptocurrencylabo.jp/blog-entry-33.html上の ①で掲載した概算表ですが、これから概算を大まかにクレジットカードで読み取ると、A 単純に決済手数料のみB 着金の入金サイクルは考慮にいれないC 導入までの日数も考慮にいれないD 資金移動は10万円とする       クレジットカード   ...

続きを読む

仮想通貨の本当の価値って知っていますか?①

読者の皆様こんばんは、今日は晴天で清々しい天気でした。さて、仮想通貨の本当の価値を知れば、皆様の投資ライフで損はしませんよね?ここで参考にするべき点は次の2点につきます。A 既存の決済手段の費用B 仮想通貨の種類についてBはすでに”仮想通貨を規制する法律ってあるの②?”の回でご案内しています。http://cryptocurrencylabo.jp/blog-entry-5.html一号仮想通貨Ⅰ 物品の購入、借受けをする場合、または役務の提供を...

続きを読む

恩師との別れ

早稲田大学の元理工学部長だった、足立教授のホームページを本日拝見しました。私の学部時代の指導教官だった北田先生が2015年に死去されていました。ご紹介いたします。北田先生には、非常に私はお世話になりました。なんと3年後近くたった本日に私は不覚にも知りました。http://d.hatena.ne.jp/q_n_adachi/20150716/1437061546畏友北田韶彦君を悼むCommentsAdd Star北田韶彦君は私より5歳年下であったので、まさか私が北田...

続きを読む

仮想通貨 ICOって何よ?①

そもそも仮想通貨のICOって何よ?という質問を読者からいただきました。平成29年10月27日、金融庁からとてもよい仮想通貨ICOの注意喚起が公表されています。https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/06.pdf以下、金融庁の注意喚起の内容です。一部、加筆を行っております。ICOの定義「一般に、ICOとは、企業等が電子的にトークン(証票)を発行して、公衆から資金調達を行う行為の総称です。トークンセー...

続きを読む

仮想通貨 セキュリティーの重要性

現在、当サイトの案内から仮想通貨の取引を始めた方が多くいらっしゃるため、本サイトの価値?もあるかな?と思う今日この頃です。さて、仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれており、まさに暗号技術をもとに定義されている決済手段であります。そんな仮想通貨ですが、日本のPC,スマートフォンのユーザーに意外と多いのがセキュリティー対策ソフトを購入していないことです。これは仮想通貨の取引を行う上で非常に大きな問題です。この...

続きを読む

仮想通貨ICOの詐欺が急増しています

本サイトは本音サイトであるために、将来性がある仮想通貨にも現状の過熱について注意勧告をします。国民を守る非常に頼もしい独立行政法人 国民生活センターにも仮想通貨について相談と回答があります。知人から紹介された場合http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/201709_1.htmlもはや振り込め詐欺に該当すると思われる劇場型の場合http://www.kokusen.go.jp/jirei/data/201701_1.html知人からの勧誘、セミナーでの勧誘による仮...

続きを読む

不動産投資の無料セミナーと資料請求←分散投資が最強です

本日は、仮想通貨について世界各国の金融当局の政策をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?ICOも魅力的ですが、やはり分散投資が一番です。そこで、不動産投資について無料セミナー、資料請求はいかがでしょか?おすすめは、いえーるコンシェルの信頼できる不動産投資会社BEST3」にまとめて資料請求!人気の不動産、年間3,000名以上が参加予約する業界最大級の不動産投資セミナーを運営する株式会社ベルテックスで...

続きを読む

2018年3月28日報道、LINEと野村HD、共同出資会社「LINE証券」設立へ

LINEと野村ホールディングスは3月28日、証券ビジネスを中心とした金融事業における業務提携の検討開始に関し、基本合意書を締結したと発表した。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-35116840-cnetj-sci cnet参照本日、報道があった、野村HD社とLine社との共同出資会社「LINE証券」設立ですが、これも仮想通貨に関する布石と私は考えております。LineはLineコインを発行するため、仮想通貨交換業の登録を...

続きを読む

仮想通貨 海外の動向 <シンガポール>

本サイトは本音サイトであるために、将来性がある仮想通貨熱にも注意勧告をします。さて、アジアの金融センターであるシンガポールについての状況をご紹介します。シンガポール政府当局は、2017年8月1日、ICOで使用されるトークンが証券先物法での金融商品と思われる場合、このように金融商品に類似するICOの募集を規制の対象とする声明を公表しました。ここで、金融商品と類似するとは、このようなICOトークンが株...

続きを読む

仮想通貨 海外の動向 <韓国>

本サイトは本音サイトであるために、将来性がある仮想通貨熱にも注意勧告をします。続きましてお隣の韓国についての状況をご紹介します。日本の政策を真似ると言われる韓国ですが、どうやら仮想通貨では日本の政策を模倣しなかったようです。これには韓国政府の思惑があります。韓国政府は、2017年9月4日、ICOを有価証券の募集と同様に証券規制の対象になることや、ICOの投資家に対して潜在的なリスクがICOにあると...

続きを読む

仮想通貨 海外の動向 <中国>

本サイトは本音サイトであるために、将来性がある仮想通貨熱にも注意勧告をします。お隣の中国についての状況をご紹介します。2017年、中国政府はICOに対する厳しい規制を行うと公表しました。これにより、世界の仮想通貨市場において大きな混乱が発生しました。2017年9月4日、中央銀行である中国人民銀行はICOが”金融詐欺”や”ネズミ講”に悪用され、このような問題のあるICOが多いとして、中国国内のICOを規...

続きを読む

仮想通貨と英語

仮想通貨をやっていて英語力が必要だなとつくづく感じました。格安で、旅行気分で英語が学べる国公用語が英語の国日本に近い国親日国ってどこ?フィリッピンです。英語留学ならフィリピン政府公式認定語学学校です。欧米留学の約1/3の費用で留学可能!<初心者向け>セブ語学留学はこちら著者がおすすめする仮想通貨取引所です。①ビットフライヤー 関東財務局 第00003号ご存じ、業界No.1ビットフライヤーの口座は開設した方がよ...

続きを読む

仮想通貨 海外の動向 <アメリカ>

本サイトは本音サイトであるために、仮想通貨熱にも注意勧告をします。2017年、アメリカで発覚した仮想通貨DAOの事件を知らない人は仮想通貨に投資をしない方がいいです。リスクを理解するべきです。2018年3月現在、過去最大規模のICOでの失敗といわれるDAO事件です。詳細は今後の講義として、以下のことを留意されれば足ります。①潜在的にシステムにバグがあった②その脆弱性を突かれハッキングされてしまい。投...

続きを読む

不確かな時代だからこそ 商品の先物取引の時代です。

暗号通貨である仮想通貨がもてはやされていますが、そんな時代だからこそ、金、銀、白金、銅、原油の先物取引もインフレーション対策として取引するべきです。資産運用のポートフォリオは分散投資が一番です。なんと、現在キャンペーン中です。「この度当社では、オンライントレードの対象口座において、期間中に1回以上お取引いただいたお客様の中から抽選で、素敵な賞品をプレゼントさせていただく『プレゼントキャンペーン』を...

続きを読む

なぜ、テクニカル分析は無駄なのか?

なぜ、テクニカル分析は無駄なのでしょうか?一見、価値ある、有難いと思われるチャート分析・・・三尊とか株、FXでも参考になり、ポジションで勝ったことは筆者だけではないはず。でもでも、大勝できてます?例えば、IPOしたばかりの銘柄。新技術で自分でも理解できない業界仕手筋・・・そんな時って、チャート分析って意味あります?仕手株なんて、チャート見た瞬間見たときヤバいことに将来なるでしょ?そう、仮想通貨もよ...

続きを読む

仮想通貨交換業の届出審査ってどんなことするの?

さて、平成30年1月はコインチェック社のNEM流出事件が発生し、日本円にして約580億円(平成30年1月現在)ものNEMが盗難されてしまいました。それをうけ、コインチェック社は平成30年2月、金融庁から業務改善命令が下されました。ここで、コインチェック社は金融庁への届出が受理された仮想通貨交換業者ではなく、経過措置の”みなし”仮想通貨交換業者が問題となりました。それでは、仮想通貨を取扱うには仮想通貨交換業を...

続きを読む

仮想通貨に係る国際的議論と日本政府の動向

今月G20が開催されましたが、仮想通貨についても議論されました。国内の議論だけでなく諸外国にも本サイトでは目を向けます。株やFXのようなテクニカル分析によりチャートを見て投資なんて古い手法です。法律面から何やらよく分からない仮想通貨を理解し、納得して投資するスタンスを本サイトでは採択します。よく分からない物に対してテクニカル分析って意味ないですよね?チャート見ていたら分析した気分になりますが、全く...

続きを読む

Bitcoinと電子マネーの違いってなに?

電子マネーとBitcoinの違いが分からないとか一緒だよねって意見をよく聞きます。比較してみましょう【電子マネー】1 電子マネーは法定通貨を基準としている。  Bitcoinは法定通貨を基準としていないため、その価値が法定通貨に対して変動します。2 電子マネーの場合、保有している電子マネーは不特定の他者に移転できないため、外国では使えない。  法定通貨を基準にしているため。3 電子マネーの場合、盗...

続きを読む

Bitcoinは誰が発明したの?

前回、説明した決済手段のBitcoinですが、誰が発明したのでしょうか?簡単な時系列にまとめると1 2008年11月、「サトシ ナカモト」名前で発表された論文「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System]で暗号化されたメーリングリストで初めて紹介された。2 「サトシ ナカモト」が一体誰なのか、現在も判明していない。 単独での開発ではなく、複数人によるチ...

続きを読む

プロフィール

cryptocurrency_master

Author:cryptocurrency_master
仮想通貨・暗号通貨・ブロックチェーン・Fintech・クラウドファンディング
サイト管理、投資マスターの景虎です。


あなたは負け組ではない第四次産業革命を逃すな!
最新技術を学び負け組から脱出をミッションとする前向き系サイトです。

仮想通貨の取引でテクニカル分析なんて止めませんか?
そのチャート分析、裏付けありますか?


※本サイト及び著者と株式会社CryptoCurrencyLaboは全く関係ございません

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で






















































































































インターネット広告の



カンファレンスバナー


最新コメント