FC2ブログ

記事一覧

仮想通貨交換業の届出審査ってどんなことするの?

さて、平成30年1月はコインチェック社のNEM流出事件が発生し、日本円にして約580億円(平成30年1月現在)ものNEMが盗難されてしまいました。それをうけ、コインチェック社は平成30年2月、金融庁から業務改善命令が下されました。

ここで、コインチェック社は金融庁への届出が受理された仮想通貨交換業者ではなく、経過措置の”みなし”仮想通貨交換業者が問題となりました。

それでは、仮想通貨を取扱うには仮想通貨交換業を金融庁へ届出を行わないといけませんが、一体どのような検査を行い、晴れて仮想通貨交換業者として届出が受理されるのでしょうか?

【登録検査のポイント】
まず、検査では実質面を重視し審査されます。
①システム管理体制
 サイバーセキュリティー
 コンテンジェンシープラン(BCP)
 不正送金対策(内部者不正の防止も)

②マネロン・テロ資金供与対策(本人確認・取引時確認)

③分別管理体制(顧客の預金、仮想通貨の管理)

④利用者保護に向けた取組み
 詐欺的コインの排除、顧客への適切なリスク説明。適合性の確認。

それと共に業者の関連するリスク情報の検査
A 役員、従業員、株主

B 関係会社

B 監査法人等

上記の検査を6か月以上行います。
これらはFintechの粋を集めた業態のため、システム等の専門官による現場ヒアリングも必要に応じてされます。

ここまで厳しくしているから、コインチェック社も届出が受理されなかったのですね。
ただ、届出が受理されているからといっても、継続管理をしっかりしないと企業の不祥事は発生します。

研究熱心のあなたへ、金融庁から仮想通貨を利用する際の注意点が掲載されています。
≪仮想通貨を利用する際の注意点≫以下、金融庁https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

○ 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。

○ 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。

○ 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。

○ 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

○ 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

著者がおすすめする仮想通貨取引所です。
①ビットフライヤー 関東財務局 第00003号

ご存じ、業界No.1
ビットフライヤーの口座は開設した方がよいと思います。
何せゴールドマンサックス出身の代表がファウンダーです。
東京大学卒でゴールドマンサックスって、どんだけ勝ち組よ?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


②DMMビットコイン 関東財務局 第00010号

あのローラのCMで有名なDMM証券です。私もFXと証券取引でお世話になりました。
現在、キャンペーンがあり新規口座開設で1000円です。
口座開設するだけで1000円!1000円から人生変わるかも?










③QUOINEX 関東財務局 第00002号

なんと、金融庁の第2号の登録!
その内部管理体制とシステム管理が認められた結果でしょう。
私も当然、口座開設しています!



④ビットバンク 関東財務局 第00004号
当然、金融庁の仮想通貨交換業に登録されています。



bitbank.cc とは
bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスを実体験できるでしょう。

bitbank.ccの取引プラットフォームは、オーダーブック(取引板)方式なので透明性の高いお取引が可能です。マーケットの機微な状態も、板があるから一目瞭然、相場に合わせてスマートに注文の管理を行うことができます。

スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析を利用できるリアルタイムチャートで、多様な相場局面にあわせた戦略的なトレードを可能にします。本格的なアルトコイントレードを経験できるでしょう。

ビットバンクのターゲット層は、まさに、 既存仮想通貨トレーダー
既に他の取引所において仮想通貨を保有しているトレーダー
ライトコイン、リップルの板取引は登録事業者予定の企業ではビットバンクしか扱っておりませんので、取引で差別化できるかと思われます。また、アルトコイン取引においてはメイカーにおいてマイナス手数料を導入しておりますので、なんと!メイカーで取引すればする程、資産が増えることになります。

ビットバンク、おすすめです!

⑤GMOコイン 関東財務局 第00006号

あのGMOです。私もDMMとGMO大好きです。
株、FXでとても使いやすい。
なんとGMOコインキャンペーン中です(本HP掲載時)
20000satoshiです。




⑥ビットトレード 関東財務局 第00007号
こちらFXで実績があるFXトレードフィナンシャルの関連会社です
関東財務局(金商)258号
リップルの取扱いに強みです。


⑦SBIバーチャルカレンシーズ 関東財務局 第00005号

あの北尾氏が率いるSBIグループです。
私も証券、FXとお世話になりました。当然、仮想通貨でも期待しています!

SBIグルプSBIFXトレード


SBI証券 ネクシィーズ・トレード
人気ネット証券は

→→こちら!←←


⑧マネーパートナーズ 関東財務局 第00001号

期待の一号登録!
さすが、奥山泰全さん。この人は凄い人です。
慶応大学卒業後、投資家兼起業家で一時期トレーダーズ証券の役員に就任していました。
まさにベンチャー金融の雄。
マネーパートナーズ(以下、マネパ)さんは、まだ、仮想通貨取引所を開設していませんが、あえて一覧に載せました。何せ、金融庁、一号登録。
それだけ、内部管理とシステム、セキュリティーが凄いということです。
登録が早かったということは、マネパさんのサービスに期待できます。

私はマネパのFX好きでした。空港でドルに両替できるのです。
円高のときドル仕込んで、空港でドルに換金。
大黒屋さんも安いけど、マネパのコスパに驚きでした。私の大好きなマネパです。
まだ、仮想通貨の業務を開始していないようですが、マネパートナーズカードは非常に使い勝手いいですよ

青色03銭静止画

ブロガーの簡単に儲かる発言とか、テクニカルチャートで短絡的に取引とかではなく、
法律理解に基づき取引する必要もあります。
それが、何やらよく分からない仮想通貨を理解する一歩であります。
投資は自己判断、投資は自己責任ですので、ポジション管理をしっかりと。

無断転載禁止


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cryptocurrency_master

Author:cryptocurrency_master
仮想通貨・暗号通貨・ブロックチェーン・Fintech・クラウドファンディング
サイト管理、投資マスターの景虎です。


あなたは負け組ではない第四次産業革命を逃すな!
最新技術を学び負け組から脱出をミッションとする前向き系サイトです。

仮想通貨の取引でテクニカル分析なんて止めませんか?
そのチャート分析、裏付けありますか?


※本サイト及び著者と株式会社CryptoCurrencyLaboは全く関係ございません

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で






















































































































インターネット広告の



カンファレンスバナー


最新コメント