記事一覧

iDeCoを知っていますか?①

こんにちは、
今日はiDeCo(イデコ)のご紹介です。

私も加入していますが、所得税率が20%なら、iDeCoの年間拠出金分が所得税控除となりとても節税効果であり退職金として運用しています。運用もとても簡単です。私の場合は預金として運用しているため低金利のため儲かりませんが、預金のリスクと一緒でペイオフ適用のためリスクがありません。ハイリスクが好きな人は日本株とか外国株で運用しています。
私の戦略は株高の今は預金で運用し、暴落時から景気拡大期に、再度、株で運用します。
なんと、その時の利潤は非課税です。節税しながら投資って理想です。
サラリーマンの方も年末調整で簡単に手続きできます。
確定申告もとても簡単。私も毎年確定申告しています。

以下、厚生労働省の確定拠出年金を参照しています。
○ 確定拠出年金は、拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用収益との合計額をもとに年金給付額が決定される年金制度です。
○ 掛金を企業が拠出する企業型年金と加入者自身が拠出する個人型年金(iDeCo)があります。
○ 厚生年金基金や確定給付企業年金等の企業年金制度等は、給付額が約束されるという特徴がありますが、従来、以下のような問題点が指摘されていたことから、平成13年10月に公的年金に上乗せされる部分における新たな選択肢として確定拠出年金が導入されました。

【メリット】
・加入者個人が運用の方法を決めることができる。

・社員の自立意識が高まる。
・経済・投資等への関心が高まる。
・運用が好調であれば年金額が増える。
・年金資産が加入者ごとに管理されるので、各加入者が常に残高を把握できる。

・一定の要件を満たせば、離転職に際して年金資産の持ち運びが可能。

・企業にとっては、掛金の追加負担が生じないので、将来の掛金負担の予測が容易。
・掛金を算定するための複雑な数理計算が不要。
・拠出限度額の範囲で掛金が税控除される。

【デメリット】
・アロケーションを加入者が選択するためリスクが高い商品を選べば投資リスクを各加入者が負うことになる。
・運用結果に依存するため老後に受け取る年金額が事前に確定しない。
・アロケーションの変更をしないとリスクが高い商品で運用する場合、運用が不調であれば年金額が減る。
・原則60歳までに途中引き出しができない。
・勤続期間が3年未満の場合には、資産の持ち運びができない可能性がある。
・加入者ごとに記録の管理が必要になるため、管理コストが発生する。

ネット証券の管理が非常に安いため私は次の証券会社をおすすめします。
野村とか大和、東京海上とか三菱UFJとかメガバンは管理費高いです。

①松井証券
ネット証券の老舗です。


②マネックス証券
あのコインチェック社の買収を発表した証券会社。
元祖、ベンチャー証券です。


この際にコインチェック社も傘下にするため資料請求した方が先取りできるかも。
個人的にはマネックスに超期待しています。



無断転載禁止

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cryptocurrency_master

Author:cryptocurrency_master
仮想通貨・暗号通貨・ブロックチェーン・Fintech・クラウドファンディング
サイト管理、投資マスターの景虎です。


あなたは負け組ではない第四次産業革命を逃すな!
最新技術を学び負け組から脱出をミッションとする前向き系サイトです。

仮想通貨の取引でテクニカル分析なんて止めませんか?
そのチャート分析、裏付けありますか?


※本サイト及び著者と株式会社CryptoCurrencyLaboは全く関係ございません

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
















































































































最新コメント

月別アーカイブ